<お役立ち情報>足痩せには正しい歩き方を覚える

<お役立ち情報>足痩せには正しい歩き方を覚える

とにかく正しい歩き方でウォーキングをするということが足痩せを実現させる為のウォーキングを実践する時のポイントとなります。
正しいウォーキングを実施することで、全身の筋肉に働きかけることができ、その結果歩く姿勢、スタイルが良くなります。

 

ヒールだったとしても後ろで蹴る脚の膝が曲がらないように足痩せ運動などといったものを通勤時のウォーキングでする時には、注意をするようにしてください。
無理に長時間歩かなくても、短時間でも正しいウォーキングを心掛けすることで、全身の筋肉に刺激を与える効果があるのです。
これを読んでいる貴方にとって身体の中で最も悩みを抱えているのはどこの部分ですか?
ご安心ください!その貴方の美容に関する悩みはエステを利用することによって改善することがきっと出来るでしょう。 背筋を伸ばし腹筋を意識しながら、歩幅を広くして、早足で歩くことが美しく綺麗なウォーキングをするコツとして最も大切なこととなります。
かかとからしっかりと着地をして、つま先でしっかり地面をとらえることが大切です。



<お役立ち情報>足痩せには正しい歩き方を覚えるブログ:2019年07月04日

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
みなさん、ご存知でしたか?

あたしたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
醤油とんこつラーメンを食べに行った時、食後のスイーツとして、
ケーキやアイスを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後にはスイーツ」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後にスイーツを食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後にスイーツを食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「20時になったらお菓子を食べる」
「寝る前にお菓子をつまむ」
「深夜番組を見る時にはお菓子が手放せない」
というのも、
最初は相方と一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
ダイエットにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
あたしは思うんですが…

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ