<お役立ち情報>足やせには足腰に負担が少ない全身運動

<お役立ち情報>足やせには足腰に負担が少ない全身運動

自転車を取り入れるエクササイズが、足やせ運動の一つとして、最近になって注目されています。
風を切って走るその爽快感は、足やせだけではなくモチベーション的にも運動を楽しく続けるのに効果的な方法と言えるでしょう。

 

足腰に負担をかける要素の少ない全身運動として数々のエクササイズの中でも自転車というのは注目されているのです。
有酸素運動はある程度時間をかけた方が良いので、自転車でしたら他の運動に比べて無理なく続けられるかと思います。
全てのエステが効果的な美容術を提供しているワケではなく、ほとんど効果が無く割高な料金で提供しているお店もあります。
実際に美容の為にエステを利用する際には、インターネットなどで口コミ情報などを確認しておくようにしましょう。 今ではオシャレな自転車を見かけるようになりスポーツタイプのロードバイクなどが人気です。
自転車のファッションもカラフルになってきており、足やせ運動よりファッションの一つとして乗りたくなってしまうかもしれませんね。





マスティックガム
マスティックガムの優良サイト
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/emasticgu/


<お役立ち情報>足やせには足腰に負担が少ない全身運動ブログ:2018年12月17日

減量を頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
体質と心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の1週間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
減量を始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1〜2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の1週間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的な減量は大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端なご飯制限や激しい運動をすると、
体質をこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
体質にやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の14日間は、
自律神経を活発にして、体質の調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
減量を始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いおかしが食べたくなりがち…

3食のご飯をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
1日100kcalを目安に間食しましょう。

生理中の減量は、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。




ホーム サイトマップ